東三国 レストラン ばらの木に行ってきました

~リーズナブルな洋食屋の サクサク、プリプリエビフライ~

今回は東三国の レストラン ばらの木 の定食を食べに行きました。

お店は地下鉄 御堂筋線 東三国駅より約1分のところにあります。

外観

ばらの木 大阪市淀川区東三国4丁目16-15クイーンハイツ

昔ながらの洋食屋という感じ。
ショーケースには食品サンプルが並んでいます。
レトロな雰囲気はありますが、手入れされた きれいな外観でした。
そのため、初めて行く私もかなり入りやすかったです。

メニュー

写真では見にくいですが、店の前の看板にメニューが書いてあります。

  • バラの木ランチ(ハンバーグと小エビフライ)
  • 小エビのクリームコロッケ
  • ポークフィレカツ
  • 白身のフライ
  • ハンバーグ          各800円
  • カレーライス         500円
  • 有頭エビのフライ       1,000円  

各ライス付きとのこと。
今回はハンバーグ定食有頭エビのフライ定食をいただきます。

さっそく中に入ります。
下調べによるといつも混雑しているとのことでしたが、夕方の早い時間だったからか コロナの影響でか、お客さんがひとりもいませんでした。
座席はテーブル席が4,5つほど。意外と小さいお店です。ホールには背の高い男性の店員さんが一人いました。注文は食券を買って店員さんに渡します。
接客はわりとドライな感じでした。態度が悪いわけではないですが、愛想はないです。

食券機の上にホワイトボードがあり、日替わりランチの案内もありました。
(内容は覚えていませんが…)
また、サラダやビールもありました。

実食

料理を待つ間に常連らしきおじいちゃんと家族連れが来店。
そして15分ほどして定食が運ばれて来ました。

定食にはライスと味噌汁が付いていました。

有頭エビのフライ定食

有頭エビのフライ 1,000円

写真では伝わりにくいですが、結構大きい海老です。これで1,000円は安いんではないでしょうか。
タルタルソースとレモンでいただきます。
変わり映えのない普通のエビフライですが、揚げたてで 衣がサクサク。衣で量増ししているエビフライが横行している世の中ですが、これはホンマモン身がぎっしり詰まっててプリプリです。ミソ入りの頭まで 1匹丸々楽しめました。タルタルソースもしつこ過ぎず、食べやすかったです。

ハンバーグ定食

ハンバーグ 800円

昔ながらデミグラスソースがかかったハンバーグです。コチラもエビフライ同様に大きくて厚みがあります
食べてみると、お肉がとっても柔らかくてジューシー。ソースが優しいお味で、なんだか懐かしい感じがしました。
また食べたくなる一品です。

まとめ

ライスと味噌汁も丁度いい量。
この味とボリュームで、この値段はリーズナブルだと思います。

店内のクーラーが効きすぎて寒いのはちょっと残念でしたが、ひとりでも入りやすい雰囲気のお店でした。

バラの木 の 基本情報

営業時間:(通常)火~土曜日 11:30~14:00 17:00~21:00
           日曜日 17:00~21:0011:00~23:00(L.O22:00)
     ※コロナウイルスの影響で変更される場合もあります。

定休日:月曜日

アクセス:
地下鉄 御堂筋線 東三国駅より 徒歩約1分
JR東淀川駅より 徒歩約8分
新大阪駅より 徒歩約10分

支払い方法:不明(確か現金のみだった気がします…。)

席数:20席

駐車場:なし

※取材は2020年8月に行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。