Welcomingあべてんウィンタープレゼント2021 に行ってきました。

「てんしば」を彩るイルミネーションの様子は…?

「てんしば」でもイルミネーションが見れる♪

天王寺公園エントランスエリア てんしば

前回の記事では、 『大阪 光の饗宴2021』 のコアプログラム『御堂筋イルミネーション2021』の様子をお伝えしました。大阪のイルミネーションと言えば この御堂筋が有名ですが、『大阪 光の饗宴2021』は大阪各地でもエリアプログラムを開催中。今回は、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」で行われている『Welcomingあべてんウィンタープレゼント2021』に行ってみました。

天王寺公園エントランスエリアてんしば エリアマップ
(クリックで拡大)

『Welcomingあべてんウィンタープレゼント2021』 は、2021年11月1日~1月31日の 17:00~24:00に「てんしば」で開催されています。
今回の取材では、上記画像の〇を付けた部分にイルミネーションが見られました。では、てんしばを彩るイルミネーションの様子をどうぞ⇩

こちらは東側のてんしば入口の様子。
様々に色を変えながら光る「てんしば」のモニュメント看板がとてもきれいです。角度やタイミングによって色が変わるので、写真を撮るのが難しくもあり、楽しくもありました。
看板を過ぎ、飲食店やカフェが並ぶエリアに進むと イチョウの木に灯されたイルミネーションがあります。ストリングライトだけでなく、流星群のように光るライトも設置されていて幻想的です。この日(2021年12月18日)は、すでにイチョウの葉が落ちていたためシンプルなホワイトのイルミネーションが見られました。葉が残っている頃は青葉や紅葉の色に光る様です。

地面には動物たちの光シルエットが投影されています。天王寺動物園がある天王寺公園ならではのイルミネーションですね。コチラも消えたり光ったりして、生き生きとした仕掛けになっています。画像の他にもさまざまな動物がいましたので探してみて下さい。

芝生広場の両サイドのイチョウの木にもイルミネーションが。コチラはホワイトとイエローの光の木が交互に並んでいます。ちなみに、南側より北側に立っている木の方が大きくてきれいでした。

また、中央には小さ目ですがクリスマスツリーもありました。(写真は日没前に撮ったものです。)
芝生広場東側、てんしばエントランス近くにある「OSAKA」のモニュメントも特別なライトアップがされていると思ったのですが、そちらは特にライトアップはされてませんでした。
やはり見どころは、てんしば西側のエリアかと思います。

まとめ

今回は天王寺公園エントランスエリア「てんしば」で行われている、『Welcomingあべてんウィンタープレゼント2021』に行ってみました。芝生を散歩しながらイルミネーションが楽しめる冬の「てんしば」。御堂筋イルミネーションより 1か月長い来年1月末まで楽しめます。ぜひ、行ってみて下さい。

Welcomingあべてんウィンタープレゼント2021 基本情報

アクセス

JR/Osakaメトロ 天王寺駅、近鉄阿部野橋駅を出て北西にある「天王寺公園エントランスエリア てんしば」にて開催

開催期間・時間

2021年11月1日~1月31日  17:00~24:00

入場料

無料

★Welcomingあべてんウィンタープレゼント2021 公式ホームページはコチラ

▼関連記事をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。