【泉佐野】ラーメン「麺工房」へ行ってきました

程よいこってり感の懐かしラーメン

今回は泉佐野市のラーメン屋で昔ながらのラーメンを楽しみました。
アクセス方法や値段、気になるお味をお伝えします。

ラーメン 麺工房

今回訪れたのは、泉佐野市26号線沿いにある『ラーメン 麺工房』です。
いくつかのテナントが並ぶ建物の一番奥にあり、看板も文字が消えているので 場所が分かりづらく少し迷ってしまいました…。
近くの「ホテルアストンプラザ関西空港」と「ココイチ」を目印に目指しましょう。

ラーメン麺工房 大阪府泉佐野市南中安松689−4

駐車場は店の前にあります。
他のお店と共用ですが5台ほどは停められるかと思います。(コンクリがガタガタなので二輪の方はご注意を。)

待ち時間は?

夜10時頃にも関わらず ひっきりなしに客が入っていて、人気のお店のようです。
私が着いた時も満席。しかし、ちょうど帰るお客さんがいてすぐに入ることができました。
もう少し早い時間だと、さらに混雑しているかも知れません。

店内写真は撮っていませんが、狭い店内に4人掛けテーブル席が3卓・カウンター席が2~3席ありました。
2人でしたがテーブル席に案内してくれました。
テレビがあって町のラーメン屋といった感じの雰囲気が落ち着きます。
厨房では“おやじ”と男性店員さんが手際よく調理しています。

メニュー

ラーメンはしょう油とみそ、塩の3種類が揃っていて、それぞれ大盛り(+¥100)・半麺(-¥50)にできます。
サイド・ご飯ものもあり、メニューの数は多く無いけど選びやすいラインナップです。

また、一番シンプルなしょう油ラーメン「シンプルラーメン」が500円と、価格が全体的に安いです。
(最近はラーメン1杯1,000円でも珍しく無いですよね…)

ラーメン麺工房 メニュー

麺工房のラーメンを実食!

どれにするか迷いましたが、今回は

  • 特製ラーメン
  • 塩ラーメン

を注文しました。(食券制では無く、席でオーダーします)
また、厨房から聞こえてくる中華鍋の音に誘われて炒飯(チャーハン)を注文。
ギョーザも追加しました。

では、実食!

特製ラーメン

“おやじおすすめ” のしょう油味「特製ラーメン(半麺)」
のり・半熟卵・メンマ・白ネギ・チャーシューがトッピングされています。
いただいてみると…
すっきりとした醤油スープ豚骨のコクがプラスされていて美味しい!
予め入っている胡椒によって、『昔ながらの素朴なラーメン』という着地を完璧に仕上げています。
バラ・モモのチャーシューがとろっとろ
あっさりなのに、期待を裏切らない程よいこってり感があります。
麺は卵しっかりの中華麺で粘度高め。何だか安心感のある、親しみやすい風味がスープとの相性抜群です!

特製ラーメン 760円(半麺50円引き)

塩ラーメン

「塩ラーメン」も昔ながらのシンプルな味で美味しかったです。

塩ラーメン 760円

炒飯

パッラパラで卵ふわふわ!「これこれ」と唸りたくなるザ・王道チャーハンです。
かと思ったら、ざっくり切ったチャーシューが入っていて嬉しい…!

ひとくちギョーザ

少し小ぶりで、パリパリに焼かれた「ひとくちギョーザ」。普通のギョーザのタレと味噌ダレ、2種類のタレでいただきます。
ニンニクが効いていてキャベツたっぷりで美味しい!

ひとくちギョーザ 280円

サービスキムチ

カウンターにキムチらしきものが置かれていたので、勝手に食べていいものか聞くと「どうぞ!」とのこと。
いただいてみると、キャベツのキムチでした。

自由に食べられるキャベツキムチ

まとめ

今回は泉佐野市の『ラーメン 麺工房』へ行きました。
あっさりとこってりのバランスが絶妙で食べやすいラーメン。頻繁に食べても飽きないような、親しみのある美味しさでした。この味で760円なので尚更…!
ぜひお試しを。

麺工房 基本情報

アクセス
  • 国道26号線沿い(駐車場あり)
  • ホテルアストンプラザ関西空港 横
  • 南海本線「羽倉崎駅」より徒歩16分

営業時間

11時30分~13時30分
18時00分~22時50分
(変更になる可能性がありますので詳細はお店にご確認ください)

定休日

水曜日

支払い

現金のみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。