サワダ飯店に行ってきました~2021年6月2日~

今回は梅田富国生命ビルにある、大阪中華 サワダ飯店に行ってきました。

大阪中華 サワダ飯店は、ミシュランビブグルマンを受賞している
中華の名店 中国菜エスサワダの 姉妹店 中華バルサワダの進化版として、
今年1月にオープンしました。
テレビや雑誌など、色々なメディアで紹介されていのを見て
ぜひ行きたいと思っていたお店の1つです。

~注意~
コチラのお店は、新型コロナウイルスの拡大防止のため、
6月 3日 ( 木 ) ~ 6月20日 ( 日 )休業しています。
姉妹店 中華バルサワダ は通常通り営業しているようです。
最新の情報は公式HPをご覧ください。

入店

訪れた日はコロナの影響もあり予約なしで入店できました。
ですが、ほとんどのテーブルには〈予約席〉の札が。
普段は予約することがおススメです。
案内してくれた男性の店員の馴れ馴れしさ(というかイカツイ感じ?)が気になりましたが、
酒場なのでそんなもんですかね。


店内は、映えが意識されたオシャレな内装で、
写真映えするピンクのネオンライトが店の雰囲気を盛り上げています。

メニュー

料理の種類は思ったより少なく、厳選されたメニュー。
価格は正直安いとは言えないですが、名店の味をこの価格で楽しめるのは かなりおトク。
そこが、人気の要因のようです。

お酒の種類は、中国酒の紹興酒や台湾ビール、それらを使用したカクテルや
果実酒など、女性や若い方も楽しめるラインナップです。


では 早速、食べた料理を紹介していきます。

大阪中華 サワダ つきだし
つきだし 水餃子 300円(チャージ料)

つきだしの水餃子です。
もちもちのに、おそらくナッツが使われている甘めのタネが入っていて
黒酢とよく合います。
「これもう一回注文したい」と思うくらい絶品です。
(残念ながらこの水餃子はメニューにはありませんでした)
ドリンクですが、この日はお酒の提供は自粛されていましたので
ウーロン茶を頼みました。

海鮮たっぷり八宝菜 1200円(税抜)
海鮮たっぷり八宝菜 1200円(税抜)

色鮮やかで艶々に光る上品な八宝菜。
ゴロっと大きい貝柱やエビ、イカが入っています。
ですが、量は写真で見るより少な目。3人以上なら足りないくらいの量です。
食べてみると、味付けが素晴らしいのはもちろんですが、
海鮮がプリプリ、野菜がシャキッとしていて感動しました。
食材の良さが行かされた一品です。

エビのマヨネーズソース 800円(税抜)
エビのマヨネーズソース 800円(税抜)

こちらも、まるでフレンチのように上品な見た目。
プリプリのエビにかかっているマヨネーズソースが濃厚でした。
ナッツの香りとマヨネーズがよく合います。
ほんの少し酸味があるので、こってりし過ぎず食べやすかったです。

小龍包(2個) 500円
小龍包(2個) 500円
大阪中華サワダ飯店 小龍包

期待通り、肉汁溢れるアツアツの小龍包です。
つきだしの小龍包と同様、皮がもちもち。
この小龍包とエビのマヨネーズソースは、お初天神にある姉妹店 中華バル サワダ
のメニューにもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です