蕎麦屋『四天王寺 はやうち』に行ってきました

今回は、四天王寺からすぐのところにあります蕎麦屋「四天王寺 はやうち」に行ってきました。

四天王寺 はやうち

はやうち 大阪市天王寺区四天王寺1丁目12−16

こちらが今回お邪魔した『はやうち』です。木を基調とした、蕎麦屋らしくて渋いけど可愛さもある店構えです。はやうちと木で書かれた看板がジブリっぽくて愛らしい。

実はこちらのお店、今回で3回目の訪問です。外一そば・二八そばの美味しさに魅せられ、定期的に食べに来ています。

この日は土曜日。12時半頃、店の前に着くと既に3組の待ちがありました。予約表に名前を書き、店前に置かれた電気ストーブの前で暖を取りながら待ちます。すると 丁度2,3組が退店し、10分もしない間に入店できました。
いつもは10分~20分は待つので、今回はラッキーです。

店内へ

中へ入ると、暖房がよく効いていました。かなり冷えていたのでありがたい。これで冷たい蕎麦も美味しくいただけます。

店内は狭くて通路は人ひとり分の幅しかありません。席数も、背の低いカウンター席が4席・4人掛けテーブルが2卓と少し窮屈ではあります。しかし、店内も 木のぬくもりを感じられて心が落ち着くような内装です。店が広くなってしまうと、この暖か味は味わえないのかも知れません。はやうちのホームページによると、「どこか懐かしさを感じていただけるような落ち着いた空間」「はやうちの世界観」にこだわっているそうです。

はやうちのお蕎麦は「 細挽き」「荒挽き」

はやうちは、「荒挽き蕎麦=二八そば」と 「細挽き蕎麦=外一そば 」 を取り扱っています。 “外一” “二八”と聞くと、そば粉の割合の違いと認識されます。
しかし、はやうちホームページによると、
・荒挽き蕎麦は「殻ごと蕎麦の実を石臼で挽き、少し残る荒さと共に、蕎麦本来の風味を味わえる蕎麦」
・細挽き蕎麦は「殻をむいた蕎麦の実を一定の細かさに挽いて、舌触りも優しく蕎麦の自然な甘みを感じられるお蕎麦」
とのこと。そば粉の割合だけでなく、蕎麦の実の挽き方 で違いを出しているのだそうです。また、蕎麦の実は店主さんが 福井・長野・富山などに直接訪問、出来栄えを確かめて仕入れているのだそうです。

はやうちの美味しいそば茶

メニュー

そんな こだわりのつまったはやうちのおそばは、せいろそばと温かいおそばでいただけます。せいろそばは先述したとおり、 「細挽き蕎麦」と「荒挽き蕎麦」から選べます。

おそばの種類も豊富ですが、他の一品料理も魚料理・肉料理・野菜料理…とバラエティー豊かです。一品料理は夜限定メニューもあるため、おすすめの日本酒とおそば、一品料理で晩酌するのも良いですね。
また、季節のおそばもあり、いつ来ても 何回来てもどれを食べるか迷います。ちなみに、夏季には「冷やかけすだちそば」が出ていました。
結局「細挽き」も「荒挽き」も、そして冷たいおそばも 温かいおそばも食べたくて、今回は

  • 荒挽きせいろ 2枚
  • 細挽きせいろ 1枚
  • 季節のおそば 柚子とかぶらのおろしそば
  • そばがき

を注文しました。

荒挽きせいろ

こちらが、蕎麦の実を殻ごと挽いたそば粉を使用した二八そば「荒挽きせいろ」。白ネギ・わさびを加えたつゆでいただくと、二八そばと思えないほど 蕎麦の香りが強い。香ばしい風味がふわりと鼻から抜けていきます。蕎麦の粒感が強い食感で、のどごし最高です。十割そばに近いような特徴がある二八そばですが、十割そばより食べやすさがあります。
そばつゆは かつおと昆布の出汁が効いていて、ほんのり甘みも感じます。濃いめのつゆで、しっかりそばに絡んで風味をひき立てます。

2枚注文すると、1枚目を食べ終わるころに2枚目を出して下さいます。

荒挽きせいろ

コチラは、殻をむいた蕎麦の実を一定の細かさに挽いたそば粉を使用した、外一そばの「細挽きせいろ」。食べてみると、蕎麦の風味が優しくて ツルツルの食感が心地いい。細いのに コシが強くて 食べごたえがあります。また、長くて細いので すするのが心地いおそばでした。

柚子とかぶらのおろしそば

こちらは、冬季限定の「柚子とかぶらのおろしそば」です。柚子の皮とほうれん草が添えられていて見た目にも美味しい一杯。食べてみると、かぶらおろしのとろみのある お出汁は、かぶらの甘さとかつお・昆布の旨みが効いていてとても上品。柚子の酸味、苦みがほんのり加わっていて、優しいお出汁がぐっと深い味わいに仕上がっています。食材本来の自然な旨みで調味されているため、そばの香りや味がちゃんと伝わってきます。また、おそばは もちっと弾力のある食感に仕上がっていて、より一層そばの甘みを感じます。おそばだけでなく、お出汁まで全部いただきました。

そばがき

そばを完食するのを見計らって、そばがきを出していただきました。
かつお節をかけた大根おろし、わさび、醤油、海苔とともに出てきます。海苔は木の箱に入っていて、下から熱を加えて温めているので温かくてパリッとしています。のりで巻いて食べると、そばがきがもちもちで まるでお餅のような風味。また、そばの味がクドくなく、あっさりとしています。そばがきが苦手な私でも はやうちでは好んで食べるほど、食べやすくて美味しいそばがきです。
1杯にしっかり量が入っているので、いつも2人で分けて食べています。

そば湯

そばがきも完食し、そば湯が出てきました。コチラもサラッとしていて飲みやすい味です。

冷たい とろゝそば

コチラは前回の訪問でいただいた冷たい「とろゝそば」。
そばつゆととろろ、そばが別で来るので、どのように食べるのが正解なのか…と戸惑いましたが、私はとろろをぶっかけたそばをつゆにつけていただきました。とろろの種類が違うのか、擂り方が違うのか、とてもふわふわとしていてメレンゲのようなとろろでした。

まとめ

今回は、蕎麦屋「四天王寺 はやうち」に行ってきました。
おそばの挽き方、食材、調理方法、提供の仕方など、細部にこだわった料理ばかりでした。年末年始の年越しそばに、「四天王寺 はやうち」に行ってみては。

※年末年始の営業予定は以下を要確認⇩

四天王寺はやうち 基本情報

アクセス

・OsakaMetro谷町線 四天王寺夕陽ヶ丘駅 4番出口から 南へ徒歩約3分
・JR 天王寺駅北口 を出て 北へ徒歩約13分
・駐車場 なし

営業時間

11:30~15:00(L.O)
17:30~21:00(L.O)

定休日

月曜夜・火曜夜・水曜
※2021年の年末年始・・・
12/29(水)は昼まで営業、12/30は昼まで営業、12/31は19時まで営業、2022/1/1は定休日、2022/1/2は昼まで営業

※はやうち公式ホームページはコチラ

支払い

・カード可(JCB、AMEX、Diners

その他

・テイクアウトあり
・予約可
・そば打ち体験教室も開催中(要予約)

▼関連記事をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。