蕎麦酒房 ふくまるでランチしました【福島ふくまる通り57】

そば湯が透明サラサラ?!透き通ったお味の食べやすい蕎麦。

※画像クリックで拡大表示可

福島「ふくまる通り57」へ

飲み屋の街、福島へやって来ました。

2019年5月に立ち上げられた、福島5丁目~7丁目をつなぐグルメストリート「ふくまる通り57」へ行ってみようと思います。


・福島3区高架下 12店舗
・阪神OASIS 4店舗
・HOTEL HANSHIN ANEX OSAKA下に1店舗
の飲食店が軒を連ねる「ふくまる通り57」

今回はホテル阪神の下にある「蕎麦酒房 ふくまる」でランチをいただくことにしました。

福島「ふくまる通り57」

蕎麦酒房 ふくまる

蕎麦屋ということで こじんまりと渋い雰囲気の店を想像していましたが、けっこう大きいお店ですね。
チェーンの和食屋でよく見るような外装。

蕎麦酒房 ふくまる 大阪府大阪市福島区福島5丁目18-25 ホテル阪神アネックス大阪1階

蕎麦の他にもある様です。
鴨鍋が美味しそう!

店内へ

中に入ると、やはり席数が多く広々とした空間
入ってすぐにテーブル席が並んでいて、左手に個室(半個室)が並んでいます。

蕎麦酒房ふくまる 店内

今回は 半個室の席に案内されました。
まだ正午を過ぎていないのでお客さんは4組ほどしかいませんでした。

「ふくまる」の蕎麦

蕎麦は「蕎麦の名産地である茨城県常陸太田の蕎麦と同じ環境で育てられた、栃木県産のブランド蕎麦粉「とち臼」を使用」とありました。

いまいち「とち臼」の魅力が伝わりませんが…
製麺仕立て・湯がき立てにこだわっているようです。

つゆのカエシ(醤油)には ザラメとみりんを多めに使用し、一週間熟成させているとのこと。

ランチメニュー

十割二八があり、せいろそば・天ぷらそば・鴨そば・温かいお蕎麦などがあります。
これからの季節に冷たいぶっかけ蕎麦も美味しそう。
丼ものとのセットランチ限定ですが、二八のセットしかないのが残念。

また、鶏・豚・鴨などのお鍋もあります。

今回は、
・十割せいろそば(大盛り)
・鴨せいろそば(十割そば)

を注文しました。

十割せいろそば(大盛り)

「せいろそば」がやって来ました。
十割のわりに色みが薄めで、一般的な十割そばに比べると白いですね。

十割せいろそば(大盛り) 1,000円(税込) /蕎麦酒房ふくまる

いただいてみると…
やはり多可水で透明感のある味
つゆに付けると そばの「味」がすっかり消えたように感じました。
のどごし食べやすさは◎ですが、十割そばにしては物足りなさがあるかな…とおもいます。

量にかんしても、味があっさりとしているからか 大盛りでも少なく感じました。

オリーブオイルをつけて…

オリーブオイルでいただくと…やはり蕎麦の風味は際立たず。

オリーブオイル自体は 風味豊かで美味しかったので、サラダ感覚で食べる分には良いかも知れません。

鴨せいろそば(十割そば)

「鴨せいろ」もいただいてみました。(季節限定)
メニュー写真では鴨肉のきれいな色が魅力的でしたが実物は…

鴨せいろそば 1,380円(税込) /蕎麦酒房ふくまる

鴨の火の入れ方が悪いのか…アクが多くて、鴨肉の食感も硬く縮んでしまっていました。

しかし、食べてみると しっかり鴨の良い出汁・脂が出ていて美味しい。
甘めのつゆとの調和が絶妙です。
そこまでアクも気にならず、残ったつゆをしっかり飲み干しました。

味が良いのにアク(見た目)と鴨肉の硬さがもったいないな…と思いました。

そば湯

食べ終わって「こだわりのそば湯」を待っていたのですが、いっこうに出てこないのでこちらから声をかけると出てきました。
こだわりではないのか…

出てきたそば湯を見てビックリ。ほぼ透明です。
いただいてみると…かなり淡い味! そしてサラッとしています。
あの蕎麦にしてこのそば湯あり。
やっぱり物足りなさを感じました。好みが分かれる所だと思います。

まとめ

今回はJR「福島駅」からほど近くの『蕎麦酒房 ふくまる』へ行きました。
本格派の蕎麦屋、と言うより食べやすい蕎麦屋、飲みの〆に食べる蕎麦屋と言った味でした。

なかなか 天王寺の「はやうち」 を超える蕎麦屋が見つかりません。。。

蕎麦酒房 ふくまる

アクセス:
・JR東西線「新福島駅」より 徒歩約3分
・JR大阪環状線 「福島駅」より 徒歩約4分

営業時間:
朝食  7:00 ~ 10:00(L.O. 9:45)
昼食 11:00 ~ 14:30(L.O.14:00)
夕食 17:00 ~ 22:00(L.O.21:30)

定休日:
月曜日(月曜日が祝祭日の時はその翌日が定休日)
※公式HPでは昼食・夕食のみ月曜日定休。とありますが、朝食も同じく月曜定休?

支払い:
電子マネー・カード可

公式HP:蕎麦酒房ふくまる
    ふくまる通り57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。