出入橋 きんつば屋(梅田)で出来立てのきんつばを食べました

【大阪手土産】あっさりとした餡とパリモチの薄皮が絶品!どこで買える?

■目次
1. 出入橋 きんつば屋
2. 追記:北浜店に行ってみました
3. 追記2:南久宝寺で姉妹店「あずき庵」を発見しました
4. まとめ
5. 出入橋 きんつば屋 基本情報

出入橋 きんつば屋

今回は『出入橋きんつば屋』にやって来ました。
「北新地駅」から西へ約500m、堂島の「出入橋」近くにあります。

コチラは昭和5年創業、約100年の歴史をもつきんつば屋さんで「大阪のきんつばと言えばココ」といわれる名店です。

出入り橋きんつば屋 大阪市北区堂島3丁目4−10

きんつばは1個100円。プラス箱代100円で、10個箱入り1100円・15個入り1600円…などがあります。
また、バラで買うこともできます。
(賞味期限:当日)

わたしはいつも10個入りの箱で購入。よく考えると自宅用なので今度から10個バラで買おうかと思います!
上等な固い箱なので何かの入れもんに使うのもアリ。

購入したきんつばの箱を持つとまだ温かい
一つひとつ店頭で手焼きされた焼き立てのきんつばなのです!

箱を開けると竹の皮で巻かれた不揃いのきんつばが。ここにも手作りのぬくもりがありますね。

出入橋きんつば屋 きんつば 10個入り 1,100円(税込)

いただいてみると、薄皮のパリッモチッとした食感、中の粒あん(半ごろしくらい)のあっさりとした甘さが美味しい!
砂糖の重さが全く無く、小豆の風味が最大限に生かされていて上品なお味です。
これが 創業以来変わらない作り方で焼かれているというから、“ありがたさ”さえ感じます。

【大阪手土産】あっさりとした餡とパリモチの薄皮が絶品!

追記:北浜店に行ってみました

「出入橋きんつば屋」は北浜にもあるということで、行ってみました。

特に違いはないかと思いきや こちらは箱の色が紅白で、値段が1個10円高かったです。
贈り物に購入したので味の違いは分かりませんでした。
しかし、北浜店も店頭で手作りされていて出来立てを購入することができました。

▼北浜店のアクセス

追記2:南久宝寺で姉妹店「あずき庵」を発見しました

その後、たまたま堺筋本町(南久宝寺)の辺りを歩いていると、そこでも「出入橋きんつば屋」の看板を発見…!
本店・北浜店の2店舗しかないと思っていたので驚き。調べてみると、姉妹店「あずき庵」とのこと。
こちらでもきんつば1個110円で販売されていて、中でぜんざいなどがいただけるようです。今度訪問してみようと思います!

あずき庵 大阪府大阪市中央区南久宝寺町2丁目6−11

▼「あずき庵」のアクセス

まとめ

今回は『出入橋きんつば屋』へ行きました。
出来立ての温かいきんつばは あっさりした甘さでとても食べやすい!
10個入りでも、2人でいっぺんに食べてしまいました。

和菓子に親しみのないわたしも、このきんつばは定期的に食べたくなって買いに行ってしまいます。
手土産にもおすすめのきんつばです。

店頭での販売だけでなく、甘味処もあるのでいつか行ってみたいと思います!

出入橋きんつば屋 基本情報

アクセス

JR東西線・学研都市線「北新地駅」、
四つ橋線「西梅田駅」9号出口より 徒歩約5分

営業時間

平日(月~金) 10時00分~19時00分
土曜日  10時00分~18時00分

定休日

日曜日

支払い

現金のみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です